\Qoo10でお得にお買い物!/ストアを見る

Blackview 8インチタブレット『Tab6』レビュー | 1万円台前半で得られる軽快な操作感

中国深圳に本社を置くスマホメーカー「Blackview」から登場した8インチタブレットBlackview Tab6について、仕様と使ってみた感想をご紹介します。

Blackview tab6のポイント
  • 1万円台前半と安価
  • 8インチのちょうど良いサイズ感
  • エントリーモデルの8コアCPUを凌ぐ性能
  • microSD、GPS機能、Android11に対応

おすすめの8インチAndroidタブレットはコレ

目次

Blackview Tab6の開封

まずは開封と外観のチェックです。

同梱品一覧
  • タブレット本体
  • ユーザーガイド
  • 充電ケーブル
  • SIMピン
  • ACアダプター

タブレット本体

まずは本体を見ていきます。

Blackview Tab6は、中国のメーカーBlakviewが手がける8インチのAndroidタブレット

カラーリングはマカロンブルーピーチゴールドトリュフグレーの3色がラインナップされています。

Image;Blackview
Jun

今回、自分はピーチゴールドを選択しました

色味はピンクがかったものを採用しており、細かなラメの入った表面加工。

オモテ面上部にはスピーカーと2MPのフロントカメラ、裏面には5MPのリアカメラとフラッシュが搭載しています。

フレーム上部にはイヤホンジャック、simスロット、USB-Cコネクタ、下部にはスピーカーが2基搭載。

サイドには音量ボタンと電源ボタンが配置されています。

Jun

スピーカーはステレオスピーカー仕様です!

ディスプレイはほんの少し青白い印象ですが特別気になるポイントではありませんでした。

デフォルトの状態でストレージは8.33GB(26%)使用されていますが、128GBまでmicroSDの使用が可能なので、足りない場合は補強することが可能です。

ちなみに開封段階で保護フィルムは貼られています。

付属品

付属品で同梱してくるUSBケーブルはUSB-A → USB-C

アダプタ側はUSB-Aで、最大7.5W出力となっています。

本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています

Blackview Tab6の製品仕様

Image;Blackview
製品名Blackview Tab6
CPUUNISOC T310(4コア)
メモリ3GB
ストレージ32GB(MicroSDで最大128GB)
ディスプレイ8インチIPSパネル(1280×800)
BluetoothV5.0
カメラリア;F/2.8,5MP, フロント;F/2.2,2MP
バッテリー5,580mAh
充電端子USB Type-C
サイズ207.6×124×9.45mm
重量365g
OSAndroid11.0
created by Rinker
Blackview
¥15,999 (2022/05/23 00:53:32時点 Amazon調べ-詳細)

Blackview Tab6のベンチマーク

Blackview Tab6に搭載されているCPUは4コアUNISOC T310と呼ばれるモデル。

Image;Blackview

名前の印象ではあまり期待できないように感じるかもしれませんが、実際に計測してみるとSnapdragon 660やHelio A25を凌ぐほどでした。

Antutu v9で報告されている総合スコアは約15万点と、快適なブラウジングが行えるレベルで、同価格帯の8インチタブレットの中では高性能な部類に入ります。

実際に手元でGeekbench 5の測定したところ、以下のような結果になりました。

SingleMultiVulkan
36170690

Blackview Tab6の使用感

8インチのちょうどいいサイズ

一般的にスマホは6インチ前後、タブレットは10インチ前後がメジャーな中、その中間ポジションとなる今回のBlackview Tab6

左;Blackview Tab6, 右;Blackview A80 Pro

8インチのサイズで365gの筐体は、想像以上にコンパクトです。

横幅も21cmほどと、片手で持つことも容易なため、ソファで漫画を読む際や電車でニュースを読む際などにちょうど良い印象でした。

一方、画面が小さいが故の短所もあり、Qwerty配列での入力は若干不便に感じるかもしれません。

ブラウジングなら問題ない処理性能

Image;Blackview

Blackview Tab6Antutu15万点の処理性能を搭載しており、日常的なブラウジングやSNSではまず困りません。

この価格帯の8インチタブレットといえばAntutu10万点が相場なため、選択肢としては非常に有力です。

Jun

ブラウザ二つでのSplit Viewも問題なく動作しました!

動画再生もとくべつカクつくことはありませんでしたが、ディスプレイ解像度がHD(1280×800)な点で相殺されている印象です。

カメラ性能はぼちぼち

Image;Blackview

Blackview Tab6はリアカメラ5MPフロントカメラ2MPとあまり解像度は高くありません。

実際に撮れた写真

観賞用の写真撮影ではなく、記録用の撮影デバイスとして使用するのが主な用途になるかと思われます。

オートフォーカスの速度もそこまで速くないため、カメラ性能には期待しすぎない方が購入後の後悔が少なそうです。

Jun

自分自身、普段はタブレットで1枚も写真を撮らないので不便には感じませんでした

IIJのSIMとは相性があまり良くない

各所のレビューで一部docomo系のSIMとの相性が良くないとのコメントが見受けられます。

実際に自分の持っているIIJmioのSIMを差してみたところ、やはり正常に認識しませんでした。

アクセスポイント名(APN)の追加ができないようで、対策としては以下の方法が挙げられます。

解決策

デフォルトAPN「spmode」のAPN値だけを『iijmio.jp』に変更して保存

まとめ

同価格帯の8インチタブレットの中では高性能な部類に入るBlackview Tab6

改めて製品のポイントを整理すると、以下のようにまとめられます。

Black view Tab6のポイント
  • 1万円台前半と比較的安価
  • 8インチのちょうど良いサイズ感
  • エントリーモデルの8コアCPUを凌ぐ性能
  • microSD、GPS機能、Android11に対応

今回検証はしませんでしたが、GPS機能とGoogleアシスタント機能を併用して、カーナビとして使用するのも良いかもしれません。

結論として、大手ECサイトで人気の8インチタブレット「アイリスオーヤマ LUCA」や「Teclast P85」と比較しても、圧倒的にBlackview Tab6がおすすめです。

created by Rinker
Blackview
¥15,999 (2022/05/23 00:53:32時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる