\Qoo10でお得にお買い物!/ストアを見る

Blackview BL5000 5G 実機レビュー | AnTuTu36万点でゲームは可能なのか

ゲーミング」と「タフネス」がテーマの5Gスマートフォン『Blackview BL5000 5G

AnTuTuベンチマーク(v9)では36万点を叩き出すほどのスペックです。

今回は開封してからしばらく使ってみたので、どれ程のものだったのか詳しくレビューしていきます。

超頑丈なゲーミングスマホ『Blackview BL5000 5G』

目次

Blackview BL5000 5Gの開封・外観

今回のラインナップはPhantom BlackFlame OrangeAurora Greenの3色。

Jun

自分はPhantom Blackを選択しました!

パッケージ内容
  • BL5000 5G
  • AC アダプタ
  • USB Type-C ケーブル
  • SIMピン
  • 説明書類

本体

本体は背面のメカミックな装飾が特徴で、上部にある3眼カメラが目を惹くデザイン。

右サイドには音量ボタン電源ボタン兼指紋センサー、左サイドにはSIMスロットが搭載しています。

下面にはUSBポートスピーカーがあり、USBポートに関してはSIMスロットと同様に、蓋つきの止水構造になっています。

ディスプレイ面上部にはパンチホール型のインカメラ電話用スピーカー

上下のベゼルはサイドに比べ、若干分厚くなっています。

デフォルトのホーム画面はこんな感じ。

初期状態で128GB中、約11GBのストレージ消費でした。

Blackview A80 Proとのサイズ感の比較

左;A80 Pro, 右;BL5000

付属品

付属品はアダプタ充電ケーブルSIMピン説明書の4点。

アダプタは日本仕様で、最大33Wの出力に対応しており、USB-Cポートが一つ搭載しています。

充電ケーブルはUSB-C to Cで片方がL字の設計。

ゲームなどで横持ちになった時でも、手と干渉しないのがメリットです。

SIMピンと説明書は一般的なものが付属しています。

Blackview BL5000 5Gの特徴

Blackview BL5000 5Gはゲーミングとタフネスをテーマにした5Gスマートフォン。

デュアル5G対応でカラーはPhantom Black、Flame Orange、Aurora Greenの3色展開です。

Image;Blackview

SoCはMediaTekDimensity700を搭載しており、普段使いでは性能に不満を感じることはないでしょう。

Image;Blackview

ゲーミング性能に関しても、過去に報告されているスコアを見る限り、重たいゲームでなければ動作は快適かと思われます。

画面は400PPI,6.36インチのFHDディスプレイでパンチホールカメラを採用。

Image;Blackview

OSはAndroid11をベースとした独自OS『DokeOS 2.1』を採用していて、各種ジェスチャー機能や専用ゲームモードに対応しています。

Image;Blackview

BL5000 5Gの最大の特徴はその「頑丈さ

公式サイトでは「ゲームのスリルと感情の発散を最大限に」の文言で、いかに頑丈にできているかがアピールされています。

Image;Blackview

IP68の防水IP69Kの防塵防滴性能を有しており、高温・高水圧・スチームジェット洗浄の環境下でも有害な影響を受けない脅威のタフネス。

さらにはMIL-STD810G準拠の耐衝撃性能ICEモード搭載で極低温環境での動作も可能とのことです。

Image;Blackview

アウトドアでの使用はもちろん、故意に投げ飛ばしたり災害が発生したりした場合に恩恵が感じられます。

リアカメラは3眼構成、標準広角超広角ダミーの三つです。

Image;Blackview

広角カメラは12MP、超広角カメラは16MPの有効画素数で、最大125°まで画角を広げることが可能。

Image;Blackview
Image;Blackview

フロントカメラは16MP、f/2.0と、ビデオ会議でも困らないスペックです。

Image;Blackview
Jun

少し気になるダミーレンズですが、今回は提供ということもあるので、触れずに進めます

生体認証は電源ボタンに内蔵されている指紋センサー。

Image;Blackview

押さずに触れるだけで解錠が可能です。

本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています

Blackview BL5000 5Gの詳細な仕様

Image;Blackview

基本情報

製品名Blackview BL5000 5G
OSDokeOS 2.1 (Android 11)
SoCDemensity 700 (MT6833)
メモリ8GB (LPDDR4X)
ストレージ128GB (UFS 2.2)

本体

サイズ・重量164×80.4×12.8 mm, 273g
カラー黒、オレンジ、緑
ディスプレイ1,080×2,300ドット6.36インチIPS
パネルCorning® Gorilla® Glass 5
スピーカーモノラル
セキュリティ指紋認証
バッテリー容量4980mAh
充電USB-C 最大30W(9V/3.3A)
NFC○(FeliCa, おサイフケータイは非対応)
SIMスロットデュアルnano-SIM
耐久性防水/防塵;IP69K
耐衝撃MIL-STD-810G

カメラ

リアカメラ①(標準広角)16MP, f/1.75
リアカメラ②(超広角)12Mp, f/1.75
リアカメラ③ダミー
インカメラ16MP, f/2.0
ビデオ2Kビデオ撮影, 30fps

通信と接続

モバイルネットワーク5G NR / 4G LTE / 3G / 2G
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth5.2
対応コーデックSBC, AAC, aptX, aptX HD, LDAC
created by Rinker
Blackview
¥42,999 (2022/05/22 17:52:21時点 Amazon調べ-詳細)

Blackview BL5000 5Gの動作検証

BL5000 5Gの使用感について解説していきます。

メモリ8GBDemensity 700を搭載しているだけあって、日常範囲内の使い方であれば十分な快適さ

ブラウジングやSNS、動画視聴などおおよその動作は安定しています。

Image;Blackview

各種スコアで比較してもDimensity720や800を凌駕することが判明しているため、スペック的に不足が目立つようなポイントは限られるかと思われます。

ゲーム性能の検証

今回は2022年4月にリリースされた新作アプリ『AZUREA-空の唄-』で動作検証。

Image;AZREA
AZUREA-空の唄-

AZUREA-空の唄-

無料posted withアプリーチ

ゴリゴリの3Dグラフィック系なので相当のスペックが要求されますが、若干カクつきながらも一応動きはしました。

ただ快適かと言われるとそうではないので、やはり重たいゲームになるとよりハイスペックなモデルが推奨されます。

初期にインストールされていたゲームもいくつかプレイしてみましたが、こちらは低〜中程度の重さだったため余裕で動作しました。

また、ゲーム中は自動で『ゲーミングモード』に移行するようで、通知はオフになり、画面左のバーを引き出すとポップアップが表示されるようになります。

Image;Blackview

ベンチマーク測定

AnTuTuベンチマーク(v9.3.4)で測定したところ結果は以下の通り。

項目スコア
CPU101,333
GPU82,253
MEM79,342
UX96,362
総合359,290

総合得点は約36万点と、ゲーミングスマホの中では中級くらいの位置付けになるかと思われます。

AnTuTuベンチマークスコアの指標

AnTuTu(v9)動作
総合スコア:約50万点以上
GPUスコア:約18万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約35万点〜50万点
GPUスコア:約14万点〜18万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約25万点〜35万点
GPUスコア:約7万点〜14万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約15万点〜25万点
GPUスコア:約3万点〜7万点
必要最低限
総合スコア:約15万点以下
GPUスコア:約3万点以下
サブ端末向き
表:ガルマックス

カメラ性能(作例あり)

Image;Blackview

BL5000 5Gは有能なリアカメラを2つ搭載。

昼夜問わず綺麗な写真が撮影できました。

昼間

夕夜

ウォーターマークは3眼レンズをモチーフにしたもので、個人的には好きなデザインです。

created by Rinker
Blackview
¥42,999 (2022/05/22 17:52:21時点 Amazon調べ-詳細)

Blackview BL5000 5Gの短所

イヤホンジャックが非搭載

BL5000 5Gはゲーミングスマートフォンでありながらイヤホンジャックが非搭載

音ズレや定位感などを重要視するゲーマーにとって、かなり大切なパラメーターである「」ですが、USB-Cからの変換ケーブルを使う以外に有線イヤホンを使う術は無さそうです。

幸いにも、コーデックは高音質・低遅延のaptXシリーズ、ハイレゾ相当のLDACに対応しているので、ガチプレイヤーでない限りは、そこまで気にならないポイントかもしれません。

スピーカーがモノラル

本体下部と上部にスピーカーが搭載していますが、ゲーム時に音が出るのは下側だけのモノラルでした。

これは本体の設定でどうにかなる話なのか、そうでないのか詳しくはわかりませんが、横持ちだと片側からしか音が出ないのは少し残念な点です。

リフレッシュレートが60Hz

BL5000 5Gのリフレッシュレートは60Hz

FPSなど、ゲーム内で俊敏な機動性を求めるゲームは厳しい印象です。

その分バッテリー消費量やプロセッサへの負荷は少ないという面では、メリットとして寄与しているのかもしれません。

Blackview BL5000 5Gがおすすめな人

ここまでレビューをしてみてわかった、Blackview BL5000 5Gがおすすめな人は以下の通り。

BL5000 5Gがおすすめな人
  • アウトドアで乱暴に使えるスマホが欲しい方
  • 大きめのメモリが欲しい方
  • 低〜中重量のゲームを快適にプレイしたい方
  • 5GのSIMカードを2枚挿したい方

逆におすすめしないのは『重たいゲームをする方

ゲーミングスマホなのに何を言っているんだと言われそうですが、これが結論です。

まとめ

ゲーミング」と「タフネス」がテーマの5Gスマートフォン『Blackview BL5000 5G

AnTuTuベンチマーク(v9)では36万点を叩き出すほどのスペックです。

タフネススマホに興味がある方予算4万円以内でゲーミングスマホを探している方におすすめ。

定価は6万円ほどですが、Amazonなどで見てみると4万円台、物によっては3万円ほどで購入できるルートもあるようです。

Blackview公式サイトを見る>>

created by Rinker
Blackview
¥42,999 (2022/05/22 17:52:21時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる