MENU
\『ahamo』がお得!通信はやっぱりdocomoでしょ/公式ページを見る

DOOGEE T30 Pro レビュー | AnTuTuベンチマーク39万点の中華タブレット

DOOGEE T30 Proのポイント
  • Mediatek Helio G99搭載でAnTuTuは39万点
  • Widevine L1でアマプラやネトフリも楽しめる
  • 専用キーボードと専用ペンがある
created by Rinker
DOOGEE
¥39,900 (2024/04/17 00:32:04時点 Amazon調べ-詳細)

中華スマホやタブレットを販売しているメーカーDOOGEE

2023年はタブレット事業が熱いとのことで、とりあえず11インチの「T30 Pro」を手に取ってみました。

Teclast T50 Proなどのミドルレンジに位置するAndroidタブレットと競合していますが、実際の使用感はどれほどなのか見ていきましょう。

中華タブレット業界、2023年はDOOGEEの年になるかも…

目次

DOOGEE T30 Proの開封と外観チェック

今回、タブレット本体に追加で専用キーボードと専用スタイラスペンも入手しましたが、本記事では本体のみにフォーカスします。

内容物一覧
  • タブレット本体
  • ACアダプター
  • ケーブル
  • タッチペン
  • SIMピン
  • 取扱説明書
  • 保証書

タブレット本体

タブレット本体のサイズは257×168.7×7.6mmで重量は543g。

到着時はケースが装着されています。

ディスプレイはフルラミネーションで、11インチの2.5K。解像感は申し分ありません。

本体の形状はエッジが四角いタイプで、背面の材質はアルミとラバー調の2種類が採用され、放熱とグリップ性の両方を考えて作られているようです。

短辺にはイヤホンジャックとスピーカー、SIMスロットにUSB-Cポートが搭載。

長辺には電源、音量ボタン、マイク穴、キーボード用の接点がついています。

背面にはかなり存在感のあるリアカメラが搭載しており、Sonyのイメージセンサーを利用し、最大20MPでの撮影が可能です。

また、左下のレンズはマクロモード用のレンズで、被写体との距離3cm以下のシーンで使用できます。

その他

ACアダプター

自分が入手した際は海外規格のアダプターが同梱していましたが、おそらく現在は日本規格のものが同梱されていると思います。

最大33Wの出力で、ポートはUSB-Cが1発となっています。タブレット側の最大入力も33Wなので、最速で充電可能です。

ケーブル

ケーブルはUSB-C to USB-Cのものが一本付属してきます。アダプターと同様、特別なものではないので、市販のものでも代用は可能です。

タッチペン

タッチペンは、反対側がボールペンとなっているタイプで、100均で売っているような物と遜色ありません。

メモ程度であれば問題ありませんが、細かなイラストなどで使用する場合は、公式から出ている別売りのスタイラスペンを合わせて購入するのをおすすめします。

SIMピン

DOOGEE T30 Proは4Gのモバイルデータ通信が使えるため、SIMスロットが搭載しています。

そのため、専用のピンも1本同梱してきます。

書類

書類系は取扱説明書と安全保障書の二つが同梱しています。

本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています

DOOGEE T30 Proのスペック

Image:DOOGEE

DOOGEE T30 Proは「MediaTek Helio G99」を搭載した11インチのAndroidタブレット。

詳細なスペックは以下の通りです。

基本情報

Image:DOOGEE
製品名DOOGEE T30 Pro
OSAndroid 13
CPUMediaTek Helio G99
GPUMali-G58 MC2
メモリ8GB(LPDDR4) + 7GB(拡張)
ストレージ256GB

本体

Image:DOOGEE
サイズ・重量257×168.7×7.6mm, 543g
カラーグレー系、グリーン系、ブルー系
ディスプレイ11インチ 2,560×1,600(WQXGA)
スピーカー4スピーカー(Hi-Res対応)
バッテリー容量8580mAh
充電USB-C 最大33W
SIMスロットデュアル;SIM×2 / SIM×1 + TF Card×1

カメラ

リアカメラ20MP
インカメラ8MP

通信と接続

対応ネットワークFDD: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/25/26/28A/28B/66
Wi-Fi11a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth5.2

DOOGEE T30 ProのAnTuTuスコア

DOOGEE T30 ProのAnTuTuベンチマークスコアは約39万点

搭載しているSoCはMediaTekのHelio G99で、同価格帯で見るとかなり性能の高いモデルとなっています。

AnTuTu(v9)動作感
総合:50万点〜
GPU:18万点〜
ヌルヌル、動作に不満なし
総合:35万点〜50万点
GPU:14万点〜18万点
重いゲームもなんとか
総合:25万点〜35万点
GPU:7万点〜14万点
軽いゲームくらいなら
総合:15万点〜25万点
GPU:3万点〜7万点
必要最低限
総合:〜15万点
GPU:〜3万点
サブ端末向き

今回のAnTuTuのスコアだけで見ればiPhonXシリーズと同等の数値となっており、ここ数年の中華タブレットの進化が見て取れます。

また、メモリの拡張により最大15GBまで使用できることから、カクツキや経年によるモタつきもそこまで心配する必要はなさそうです。

Image:DOOGEE

DOOGEE T30 Proの動作検証

続いてDOOGEE T30 Proの動作検証を行なっていきます。

ベンチマークスコアだけではわからない実際の動きについて見ていきましょう。

基本操作

DOOGEE T30 Proの基本操作は一昔前(だいたい5~6年前)のiPhoneという表現がぴったりです。

特にスクロールやタイピングのスピードは、直近のハイエンドモバイル端末の感覚で操作するとラグっぽく感じます。

一方で、コントロールセンターやジェスチャの使い方に関しては配慮が行き届いているようで、特に不自由さは感じませんでした。

ブラウジング性能

ブラウジング性能はAnTuTu39万点ということもあってかなりサクサクです。

ここに関しては最近のスマホと比較してもそこまで大きな違いは無く、ブラウザの起動から文章や画像の読み込みまでストレスなく使用できています。

2つウィンドウを並べた際でも同じことが言えるため、ソファでくつろぎたい時や、キッチンでレシピを調べる際などにはもってこいです。

ただし、「マップの表示」この一点に関してはかなり時間がかかるので、カーナビの用途には向かないと感じています。

ゲーム性能

ゲーム性能はMMD RPGの「アズレア」で検証します。

アズレアはマシンのレンダリング性能をかなり要求するアプリなので、この動作検証で一般的なゲーム性能を計ります。

AZUREA-空の唄-

AZUREA-空の唄-

無料posted withアプリーチ

自分が普段使いしているM1 iPad Proでは、以下のような設定でプレイしています。

フレームレート
解像度高画質
画面詳細高画質

今回のDOOGEE T30 Proでこれと同じパフォーマンスを再現しようとしたところ、解像度は「高画質→鮮明」、画面詳細を「高画質→精緻」に変更するだけで完了しました。

M1 iPad ProのAnTuTuスコアは100万点ほどでDOOGEE T30 Proの2倍以上ですが、ゲーム環境においてDOOGEE T30 Proはかなり奮闘しているように感じます。

アズレアでこのパフォーマンスなので、ライトなゲームであればほぼ100%問題なく操作できると思われます。

クアッドスピーカーの性能も相まって、とても良いまでは行かずとも不自由ないレベルで楽しめました。

カメラ性能

カメラはリアカメラが2機とインカメラが1機搭載しています。

リアカメラはメインの広角カメラとサブのマクロカメラがあり、それぞれ作例はこんな感じになります。

マクロカメラの性能はお世辞にも良いとは言えないので、おそらく大半のユーザーは広角カメラのみでの使用になるでしょう。

風景写真をiPhone14 proで撮った物と比較してみます。

かなり色味が異なります。iPhoneが黄色みが強いのに対して、DOOGEEは意外と忠実に再現できている感じです。

ズームも試して見ましょう。

DOOGEE T30 Proデジタルズームなので、倍率が低くてもかなりガビガビな印象。

結論、画素数はある程度高いものの、それに見合うほどのパフォーマンスは得られませんでした。

DOOGEE T30 ProのQ&A

対応しているWideVideは?

DOOGEE T30 ProはWideVinde L1対応です。

Image:DOOGEE
DOOGEE T30 Proのワイヤレスアップデートは?

通知欄に表示されるまで待つ必要があります。通知が来たらそこからアップデートできます。

DOOGEE T30 Proのメモリ増設は?

設定アプリの「Memory Expansion」から「Memory Expansion Size」をオンにすると行えます。

DOOGEE T30 Proは技適取得済み?

はい、取得済みです。

DOOGEE T30 Proの最安値は?

DOOGEE T30 Proの最安値は29,850円です。Amazonで25%オフのクーポンを使用してください。

DOOGEE T30 Proの画面分割は?

DOOGEE T30 Proは画面分割が可能です。タスクビューの状態で開いているアプリのアイコンをタップすると画面分割のオプションが表示されます。

DOOGEE T30 Proのリフレッシュレートは?

DOOGEE T30 Proのリフレッシュレートは60Hzです。

DOOGEE T30 ProとTeclast T50 Proはどっちが良い?

プロセッサーは同じなので個人の好み次第。個人的にはDOOGEEがおすすめ。

DOOGEE T30 Proのおすすめケース

DOOGEE T30 Proには初めからケースが付属していますが、公式が出しているものやAmazonなどでサードパーティ製のものを入手することも可能です。

個人的なおすすめ3選をご紹介します。

created by Rinker
KYK SHOW
¥1,899 (2024/04/17 04:16:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,708 (2024/04/17 04:16:20時点 Amazon調べ-詳細)

DOOGEE T30 Proのおすすめペン

また、ペンに関しても初めから付属していますが、ほとんど使い物にならないので、描画作業がしたい方は純正が出しているスタイラスペンがおすすめです。

まとめ

2023年夏に日本市場で大きく注目され始めたDOOGEE。

11インチタブレットT30 Proは、ミドルスペックのSoCを搭載し、クーポン利用で3万円を切る高コスパなモデルです。

DOOGEE T30 Proのポイント
  • Mediatek Helio G99搭載でAnTuTuは39万点
  • Widevine L1でアマプラやネトフリも楽しめる
  • 専用キーボードと専用ペンがある

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次