\Qoo10でお得にお買い物!/ストアを見る

SOUNDPEATS Mini Pro レビュー | 小サイズで高出力なコスパ最強イヤホン 取扱説明書の情報アリ

SOUNDPEATS Mini Proのポイント
  • クセが少なく心地良いクリアな音質
  • -35dBのノイズキャンセリング性能
  • ハイレゾ相当のaptX-Adaptiveに対応
created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥6,680 (2022/08/19 00:12:17時点 Amazon調べ-詳細)

オーディオブランドSOUNDPEATSから新たに発売された完全ワイヤレスイヤホンMini Pro

アプリに非対応なものの、音質ノイズキャンセリングの面では1万円以上のモデルといい勝負ができそうな使用感の本機。

今回はこのMini Proに関して、実際に2ヶ月以上使用してみて感じたことを中心に紹介します。

合わせて取扱説明書の情報も記載しているので、

  • これから買おうかどうか迷っている
  • すでに入手していて操作方法を知りたい

両方の参考になる記事となっています。

目次

SOUNDPEATS Mini Proの開封・外観チェック

まずは内容物とその外観について見ていきます。

内容物一覧
  1. 本体 & 充電ケース
  2. USBケーブル
  3. 交換用イヤーピース
  4. 取扱説明書

本体・充電ケース

今回自分が見ているのはブラックのモデル。

ケース手前側には「SOUNDPEATS」の文字とLEDランプ

裏側にはUSB-Cの充電ポートが搭載しています。

プラスチック製のため、若干の安っぽさは感じてしまいますがその分軽くて扱いやすいのがメリットです。

充電ケースの蓋を開けるとこんな感じ。

イヤホン本体はロゴが大きくプリントされていて、ユニークなデザイン。

Jun

ケースの質感と比べてよりマットな手触りです

ロゴがプリントされているこの部分にタッチセンサーが搭載しています。

形状に関しては中間にくびれのある珍しいもので、装着感の向上に寄与する設計を採用。

写真では少し分かりづらいかもしれませんが、ノズルの断面は楕円形になっており、専用のイヤーピースのみ付け替えが可能となっているようです。

付属品

付属品はUSBケーブルイヤーピース取扱説明書の3点。

USBケーブルはUSB-A to USB-Cが一本。

イヤーピースはSLが付属し、Mは初めから本体に装着されています。

取扱説明書はもちろん日本語に対応しており、PDF版も閲覧とダウンロードが可能となっています。

取扱説明書のPDF版はこちら>>


自分が持ち合わせているSOUNDPEATS製のイヤホンともサイズを比較してみます。

SOUNDPEATS Air3 Proとの比較

SOUNDPEATS Trueshiftとの比較

SOUNDPEATS Mini Proのスペック

Image:SOUNDPEATS
製品名SOUNDPEATS Mini Pro
BluetoothBluetooth5.2
コーデックSBC / AAC / aptX / aptX-adaptive
重さ(単体,ケース込)4.97g, 37.5g
バッテリー容量(単体,ケース)45mAh, 300mAh
再生時間(単体,ケース込)7時間(ANC OFF) 5時間(ANC ON),
25時間(ANC OFF) 21時間(ANC ON)
ノイズコントロールANC, パススルー, cVc8.0
充電方法USB-C
カラーブラック, ホワイト
定価6,680円
created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥6,680 (2022/08/19 00:12:17時点 Amazon調べ-詳細)

SOUNDPEATS Mini Proの音質

SOUNDPEATS Mini Proの音質は、結論、かなり自然で良い印象を持てます。

バランスに関してはクセの少ないフラットなもので、いわゆる万人ウケするタイプ。

低音から高音までどの帯域も程よくなっている感覚です。

EDMなどの一部の曲によっては低音が大きく聞こえる場合もありますが、それでも聞き疲れは起こしづらいレベルでした。

振動板はバイオセルロース製のダイナミックドライバーを採用していて、肝心な音のクリアさに関しても、価格を見れば申し分ありません。

Image:SOUNDPEATS

音の篭った感じやざらつきも無く、ストレートに耳に届く感じがして、個人的に聴いていて気持ちの良い感覚が印象的でした。

同価格帯のSOUNDOEATS Air3 Proと比べると、Mini Proの方がより自然な表現が可能で、自分が音質で選ぶならMini Proが優勢です。

SOUNDPEATS Mini Proのノイズキャンセリング

Image:SOUNDPEATS

SOUNDPEATS Mini Proアクティブノイズキャンセリング(ANC)パススルー(外音取り込み)モードに対応。

ANCは最大-35dBの消音効果を有し、空調や軽いBGMなどはほとんど聞こえなくなります。

低価格帯のイヤホンに見られるANC時のホワイトノイズも発生しないので、機能としては十分な完成度。

一方、電車やバスなどの走行音に関しては消音仕切れていない感じがわかる程度なので、あまり期待はしすぎないほうが無難かもしれません。

パススルーモードもANCと同様に、機能の完成度としては十分な一方、出力が少し足りない印象でした。

SOUNDPEATS Mini Proの操作感

Image:SOUNDPEATS

SOUNDPEATS Mini Proスマホアプリに対応していないため、基本的にはイヤホン側での操作がメインになります。

ペアリング・接続方法

初めてSOUNDPEATS Mini Proを使用する場合は、以下の方法でペアリングを行います。

STEP
充電ケースからイヤホンを取り出し、 充電金属端子に貼り付けられている絶縁テープを外す
STEP
イヤホンを充電ケースに戻し、 イヤホンが充電された状態でケースの蓋を開ける

この段階でイヤホンは自動ペアリングモードになります

(このとき、片方のイヤホンのインジケーターが青と赤交互点滅し、もう一方の方は点灯し登録待機状態になります)

STEP
スマートフォン側のBluetooth機能をオンにする

(オンになっている場合は、一度オフにしてからもう一度オンに戻します)

STEP
スマホのBluetoothデバイス一覧より 「SOUNDPEATS Mini Pro」 を選択する

この操作でスマホとの接続が完了します

STEP
接続が完了すると、イヤホン(R)のインジケーターが青色に点灯し、イヤホンから「successful (サクセスフル)」の音声ガイドが流れます

タッチ操作方法

Image:SOUNDPEATS
機能操作
再生・一時停止左 or 右を2回タップ
音量アップ / ダウン左 / 右を1回タップ
曲送り右を1.5秒間ホールド
受話・終話左 or 右を2回タップ
ペアリングモード左 and 右を6秒間ホールド
音声アシスタント右を3回タップ
低遅延モード左を3回タップ
ANC切り替え左を1.5秒間ホールド

リセット方法(片耳しか聞こえないとき)

ペアリングできない場合、もしくはイヤホンが片耳しか聞こえない場合は、リセットの操作が有効的です。

STEP
端末とのペアリングを解除
STEP
2つのイヤホンを充電ケースに戻す
STEP
イヤホンが十分に充電された状態で、両側のイヤホンを同時に10秒間ホールド(長押し)
STEP
LEDインジケータが赤と白に交互に2回点滅したら、リセット完了

取扱説明書(ユーザーマニュアル)

SOUNDPEATS公式が出している取扱説明書はこちらから閲覧とダウンロードが可能です。

SOUNDPEATS Mini Proの使用感

SOUNDPEATS Mini Proはこの価格帯でありながらかなりストレスフリーに使える良機です。

価格に対して音質が良い

まず一番に音質が良いことが挙げられます。

自分自身が自然なバランスの音作りを好んでいることもありますが、それに加えてクリアさも申し分ないレベル。

5~6,000円の低価格帯でイヤホンを選ぶ場合、欠いた繊細さを誤魔化すようなドンシャリ傾向のものが多い中、自然なバランスで勝負するイヤホンは比較的珍しい印象です。

また、高音質コーデックであるaptX-Adaptiveでなく、iPhoneなどのAACコーデックのままでも十分クリアな音質で音楽が楽しめました。

装着感が良い

SOUNDPEATS Mini Proは中間にくぼみのある2段階の設計になっていますが、この影響もあってか、かなり装着感が安定しています。

特にイヤーフックやイヤーウィングなどがなくとも、落ちることはまず無いでしょう。

一点、イヤホンを外した際に自動検知で再生が止まらないので、スマホ側で音楽や動画を停止してからでないと音漏れの原因になるため、注意が必要です。

早くアプリに対応して欲しい…

SOUNDPEATS

SOUNDPEATS

無料posted withアプリーチ

SOUNDOPEATSは新たにリリースした専用アプリケーションに対し、既存のイヤホンたちを順次対応させていくとコメントしていますが、Mini Pro未だ非対応

Jun

個人的にはアプリがあると操作性がかなり上がって良いことだらけなので、できるだけ早く対応して欲しいです

欲しい機能としては、本体とケースの正確なバッテリー残量の確認、ノイズキャンセリングの切り替え、タッチ操作のカスタマイズなどが挙げられます。

まとめ

今回紹介したのはSOUNDPEATSから新たに発売された完全ワイヤレスイヤホンMini Pro

この価格帯のイヤホンは「どれだけ機能を搭載するか」ではなく「どの機能を削るか」の勝負なので、必然的に使う中でストレスを感じやすい傾向にあります。

ただ、SOUNDPEATS Mini Proに関してはそれが限りなくゼロに抑えられていて、個人的な音の好みとも合っていました。

もし5~6,000円あたりの価格帯でイヤホンを検討している場合はぜひチェックしてみて欲しい一台です。

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥6,680 (2022/08/19 00:12:17時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる