\Qoo10でお得にお買い物!/ストアを見る

SOCLL スタイラスペン |「第一世代のApple Pencilは買わなくて良い?」サードパーティ製で十分!

ここ最近、10万円の給付を受けて新たにiPadを購入する人も増えてきているようですが、その際やはりネックになってくるのはPencilの値段です。

以前このブログで格安のスタイラスペンについて投稿したところ皆さん予想以上に見てくださったので、その”第二弾”と言うことで新しく出たモデルについても取り扱っていきたいと思います。

第一世代のApple Pencilは無理して買わなくて良い

目次

Apple Pencil第一世代はコスパが悪い

現在私たちが手にする事ができるApple Pencilは第一世代第二世代2種類

第一世代は単に「画面に文字や絵を書く」機能だけにフォーカスが当たっているようで、ペアリングや充電の方法は本体に直挿しと、不便であまりスマートではない仕様。

Image:Apple

それに比べ第二世代ではペンをタップする事でモード切り替えのジェスチャーを使う事ができたり、磁石でiPad側面に取り付けるだけで充電とペアリングが可能。

画面に文字や絵を書く」機能に加えて「使い勝手」に改善がかかったように見て取れます。

Image:Apple

どちらも描き心地としては問題ないものの、このように使いやすさの面ではかなり差が出る印象です。

第二世代がこの機能で約1万6千円なのは我慢するとして、第一世代はこの仕様で約1万2千円なのは価格と機能が釣り合っていないように誰しも感じてしまうでしょう。

Apple Pencilは値段が高く、余裕がない方には不向き

Image:Apple

現行ラインナップのiPad第9世代は、AirやProモデルと比べて比較的低価格で購入できる点で学生や主婦の方々に人気があるわけです。

しかし本体価格にApple Pencilの値段約1万円分が加わると「あれ、意外と値段するじゃん…」と感じてしまう人も少なくないと思います。

それもそのはず、Apple Pencilとはもともとクリエイター向けに開発されたものであり一般の学生や主婦に向けた価格設定にはなっていないのです。

そこで選択肢となってくるのが比較的安価で手に入るサードパーティ製のスタイラスペン

今日はその最適解となるような製品を見つけたのでレビューしていきます。

SOCLLのスタイラスペン

今回紹介するのはSOCLLというメーカーのスタイラスペンの第三世代モデルです。

手前:SOCLL, 奥:Apple Pencil 1

以前当ブログで第二世代のものを取り扱いましたが、デザインや素材に多少変更点が見られるので、実際に使ってみた感想とともに詳しく見ていきましょう。

Jun

僕が実際に作成したノートも上のボタンから観れるので、ご参考までに!

created by Rinker
SOOOO
¥2,864 (2022/05/22 17:07:26時点 Amazon調べ-詳細)

デザインはApple Pencilライク

まずは本体外観についてです。

前作との主な違いは二つ。

一つ目はペン先

上:第2世代,下:第3世代

ペン先の芯は細長いタイプから、Apple Pencil第一世代のような先端にかけて細くなる形になりました。

左:Apple Pencil 1,右:SOCLL

今作のペン先に使用されている芯は純正品ととても似たものになっています。

二つ目は本体の形状

上:第2世代,下:第3世代

充電ポート周辺の部分、Apple Pencil第二世代のような面切り加工だったのがApple Pencil第一世代のような丸みを帯びた形状に変わっています。

この二つの変更点を見てもらえればわかるように、よりApple Pencil第一世代のデザインに近づいていっています。

持った感じも非常に似ていて違和感はほとんどありませんでした。

パームリジェクション機能搭載

スタイラスペン操作中に画面上に手を置くことができる機能(パームリジェクション)を搭載。

手を置いても画面には何も反映されないため、手を宙に浮かせたり手袋などで対処する必要がなくなります。

ペンを握る時、手もノートなどに置かないと安定できないという方には嬉しい機能です。

最近のサードーパーティ製のスタイラスペンではかなり当たり前な機能になってきた感じがします。

ちなみにこの機能をオンにするとペンが使えるようになるわけですが、この機能の隠れた魅力はBluetooth接続が不要なところです。

Apple PencilはBluetooth接続でその分本体のバッテリーを消耗しますが、こちらの製品の場合はそれを気にする必要がありません。

充電はUSB Type-C

前作同様、充電方式はUSB Type-C

Apple Pencil第一世代のようにiPad本体のポートに刺さなくても良いと考えるとそれだけで買う意味が感じられそうです。

駆動時間は最大20時間で、不使用時には5分で自動電源オフになるのでバッテリーに関しては特に気にすることなく使用できます。

講義中の板書用で毎日使ってみた結果、週に1~2回充電する程度で十分、といった感じでした。

まとめ

現在こちらの製品Amazonで購入可能ですが、価格は約2千円純正品の約5分の1と非常にお手頃です。

実際にしばらく使ってみて機能や使い勝手に不満を覚えたことは一度もなかったので、普段使いにとどまる方には非常にオススメ

今までApple Pencil含めいくつかこのようなスタイラスペンを購入してきましたが、価格と機能面を考慮するとこれが一番でした。

created by Rinker
SOOOO
¥2,864 (2022/05/22 17:07:26時点 Amazon調べ-詳細)

*現在はメーカー名が変わり「SOOOO」となっているようですが、製品に変わりはありません。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる