\Qoo10でお得にお買い物!/ストアを見る

結局どっち? OneOdioのANC搭載ワイヤレスヘッドホン比較レビュー | OneOdio A9 vs A10

今回は以前投稿したこちらの記事に引き続きOneOdioのANC搭載ヘッドホンのレビューを紹介します。

前回購入したのはA9というモデルでしたが今回はA10というモデルを購入したので、両者の比較を交えつつ使ってみた感想などをまとめていきます。

音質で選ぶならA10、ノイキャンで選ぶならA9

目次

OneOdio A10の製品仕様

Image:OneOdio
製品名OneOdio A10
対応コーデックSBC / AAC 
再生可能時間40時間
BluetoothバージョンBluetooth5.0
重量約244g
充電方式USB Type-C
ノイズコントロールアクティブノイズキャンセリングのみ
インターフェイス物理ボタン
付属品専用ケース , 充電用ケーブル , 3.5mmオーディオケーブル , 飛行機用アダプター , 取扱説明書
購入時の価格¥7,680

OneOdio A10の音質やノイズキャンセリング

Image:OneOdio

バランスの取れたドンシャリ

前モデルのA9と比べて音質は良くなりました

特に高音域の尖りが無くなって聞きやすいドンシャリ系に落ち着いています。

遮音性も良いので大迫力で音楽を楽しみたい方におすすめです。

しかし解像感は前作と変わらずといった印象で、空間的な広がりも価格相応のもののように感じられます。

ノイキャンは正直微妙

Image:OneOdio

一方のノイズキャンセリングについては、A9と比べるとだいぶ精度が落ちました。

前作のA9を100とすると今作は60くらいです。

ノイキャンのタイプは似ていて低音域のノイズを軽減してくれますが、弱めなので音楽を聴く際の補助的な役割としてしか機能しなさそうです。

OneOdio A10の外観デザイン

A9と比較して一番目に留まるのはやはりハウジングのメタリック加工です。

武骨で重厚感のあるデザインとなっていて、やや男性向けのように感じられます。

Rには電源ボタン音量アップボタン音量ダウンボタンの3つと充電端子が、

LにはANCスイッチがついていました。

OneOdio A10の使用感

よかった点

聞き心地の良い音質

変にクセがなく万人受けする心地よい音楽を楽しめる音質とバランス、と言った印象。

解像感はそこまで高くないですが、A9と比べて圧倒的に聴き心地が良いのが今回1番の進化です。

やっぱりコスパが良い

やはりOneOdioはコスパが良いです。

A9の記事でも述べましたが、ノイズキャンセリングを搭載しているまともなヘッドホンを買おうとしたら普通に2~3万円はするので、7千円台で購入できるのは非常に嬉しいです。

この価格なら、もし自分と相性が良くなくてもダメージが少なく済みます。

USB Type-Cに対応

Image:OneOdio

OneOdio A10は充電端子がUSB Type-Cです。

前作はmicro USBでの充電だったため少し煩わしさがありましたが、今作でそれは見事に払拭。

充電は当然Type-C、イヤホンジャックとの接続もType-Cの付属ケーブルで対応しています。

気になった点

ノイキャンが弱い

やはりA9のノイズキャンセリング強度が高かったため、A10の低さが気になります。

そのため、ノイズキャンセリングが目的でヘッドホンを探している方にはあまりお勧めできません。

一方、ノイズキャンセリング特有の圧迫感は全然感じなかったので、ノイズキャンセリングが初めての方ならこれでも良いかもしれません。

まとめ

以上OneOdio A10のレビューでしたが、冒頭でも述べた通りノイキャンを求めるなら前作であるA9を購入するべきかと思われます。

逆に、音質にこだわりたい方には今回ご紹介したA10をお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる