iPad対応の格安スタイラスペンはコレ一択 | SOCLL styluspen

ここ数年でかなりユーザーの数が伸びてきたと思われるiPadですが、文字や絵を書く際はiPad対応のスタイラスペンがあるととても便利ですよね。

しかし公式のApple PencilAmazon価格で、第一世代は¥12,553、第二世代は¥14,644とやや高めで購入を躊躇している方も少なくないと思います。

僕自身、授業の板書やちょっとしたスケッチ用にiPadを購入した身としてはかなりシビアに感じました。

そこで今回は、僕が半年以上使用してみてiPadととても相性の良くApplePencilに近いレベルに感じた格安スタイラスペンを紹介していきたいと思います。

その名も「SOCLL StylusPen

現在Amazonでは第二世代のものと第三世代のものが販売中です。

僕が購入した第二世代のものは¥3,599ApplePencil4分の1ほどの価格でした。

mpio スタイラスペン(第二世代ホワイト)

重要なのは機能ですよね。一つずつ追っていきましょう。

iPadに最適なサードパティ製のスタイラスペン見つけました

良いところ4つ

ペン先の感度が高い

まずペン先の感度ですがリフレッシュレート60HzのiPadAir(2019)ではApplePencilとそん色ありませんでした。

120HzのiPadPro(2018)で使用したら差が感じられるかもしれませんが、一般学生の僕が普段使いをしていて不自由に感じることはなかったです。本物のペンと同じくらい自然に書けます。

パームリジェクション搭載

また、ペンの持ち手を画面に置いたまま絵や文字が書けるパームリジェクションが搭載しています。

これはとても大きなポイントで、スタイラスペンを評価する際これが付いているか否かで二分できるくらい重要な項目です。

このパームリジェクションのon、offはペン上部のタッチセンサーに触れることで切り替えができます。

しかもこの機能、特別bluetoothのような接続がいらないので、ペンの電源のon、offでコントロールできるのはとても、とても便利です。(この際インジケーターが青く光ります)

POM製の芯で耐久性は十分

ペン先端の芯はPOM製で画面に傷が付きにくくなっています。ただ心配な方はiPadに保護フィルムを貼って使う事をお勧めします。

付属品で替え芯が1つ付いてきますが、半年ほど使っても芯はほぼ磨耗していないので出番はなさそうです。

カラバリは白と黒の2色になっています。
個人の感性で決めてもらって問題ないでしょう。

ペン本体はアルミニウム合金でできており、重量は17.6gと正直めちゃめちゃちょうど良いです。

20時間のバッテリー持続

そして、バッテリー持ちは約20時間、充電はtype-cとなっています。僕は1週間に1度充電する程度で大丈夫でした。


気になる対応機種ですが、2018年以降に発売されたiPadならどれでも対応しています。

ApplePencilより価格抑えめで高機能なスタイラスペンをお探しの方はぜひチェックしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました