final 有線イヤホンE1000レビュー | ワイヤレスが流行っている今、選ぶべき有線イヤホンはこれだ

高い品質と評価で幅広い世代から絶大な支持を得ているオーディオ分ランドの「final」。

今回はそんなfinalから出ている有線イヤホンのエントリーモデル「E1000」を購入したので、実際に使ってみてた上でレビューをしていきたいと思います。

エントリークラスでは個人的に優勝な優先イヤホン

E1000の音質

Image:Final

6.4mmのダイナミック型ドライバーユニットを搭載していてこの価格帯の中では解像感も高く、音の作りが非常に綺麗でクセが無く落ち着いた印象。

ボーカルの声や楽器の音もはっきりと聞き取れるので日常的に使用する分にも全く問題なさそうです。

一方、原音に忠実ではあるものの、楽曲制作用途になるとやや厳しいのが率直な感想。

ゲーム用や動画編集用など「音の良さ」というより、「遅延」を気にするシーンでの選択肢に入るようなモデルかと思われます。

E1000の外観

Image:Final

形状は円筒形をしていてスッキリしたデザイン。

Image:Final

イヤホン筐体はABS樹脂でできており、カナル型スウィングフィット機構を採用しているので長時間着けていても疲れにくい仕様になっています。

Image:Final

イヤーピースはSonyのように、左右とサイズで色分けされていて判別がしやすいです。

使用感は良くも悪くも普通

プラグはL字型をしていて断線しにくくなっているのに対し、ケーブル部分は意外と細く耐久性が少し不安ですが、この仕様は上位機とさほど変わらないので目を瞑っても良さそうです。

音量調節用のリモコンや通話用のマイクは付いておりませんが、ぶっちゃけ無くても困りませんでした。

取り回しのしやすさでいうと可もなく不可もなくといったところですが、特別ストレスに感じる点は無いので問題なさそうです。

まとめ

『ビギナーの方にこそ「いい音」を』という開発目標のもとに生まれたfinalの「E1000」。

2千円台という非常にリースなブル場価格にしてこの価格帯では頭ひとつ抜けた音楽体験を届けてくれる点で、今現在一番おすすめのエントリー機です。

ワイヤレスが主流になりつつある中、手元に一機あるととても重宝する有線イヤホン。

気になった方はこの機会にぜひ購入を検討してみてください。

created by Rinker
ファイナル(final)
¥2,530(2021/10/24 11:42:31時点 Amazon調べ-詳細)
オーディオ
スポンサーリンク

コンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントがもらえます¥100から、¥1単位で好きな金額をチャージ可能!

現在、期間限定で初回チャージ1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中

スポンサーリンク
おこめリウム

コメント

タイトルとURLをコピーしました