SONY WF-1000XM3 レビュー | ついに完全ワイヤレスにノイキャン搭載!買って後悔無しの優良モデル

2019年7月13日に発売したSonyの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」。

完全ワイヤレスイヤホンにしては強力すぎるアクティブノイズキャンセリングを搭載していることで一躍有名になりました。

そこで今回は、WF-1000XM3の実機を手に入れたので、そのスペックや使用感についてまとめていきたいと思います。

音質、ノイズキャンセリング共に満足できる高品質な完全ワイヤレスイヤホン

WF-1000XM3の製品仕様

Image:Sony
  • 製品名:WF-1000XM3
  • 対応コーデック:SBC / AAC
  • 防水性能:なし
  • 再生可能時間(イヤホン単体,ケース込み):6時間 , 24時間
  • Bluetooth規格:Bluetooth5.0
  • 重量(イヤホン単体):8.5g
  • 充電方式:USB Type-C
  • ノイズコントロール:ANC, アンビエントモード
  • 対応コントロール:タッチ操作
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥20,100(2021/10/28 09:17:57時点 Amazon調べ-詳細)

WF-1000XM3の外観

外観はかなり高級感のある見た目で、ブラックとゴールドの落ち着いたデザイン。

蓋部分は光沢のある加工でSONYの文字が刻印され、それ以外はさらっとした手触りになっています。

充電端子はUSB Type-Cで、ワイヤレス充電には非対応とのことです。

フタを開けると内部はこんな感じ。

イヤホン本体は円形のタッチセンサー部分とノイズキャンセリング用の大きな集音マイクが特徴的。

ケースと同様にブラックとゴールドのカラーで統一されています。

全体的にフラットで平たいデザインと、比較的珍しい形状。

イヤーピースはこのようになっています。

WF-1000XM3の音質

WF-1000XM3はSONYの最高峰なだけあって、音質は申し分無いです。

解像感はとても高く、一つ一つの音にくっきりとした輪郭が感じられるのが印象的。

DSEE HXという高音域補正の機能がついており、mp3やcdなどの圧縮音源でもハイレゾ相当の高音質で楽しむことが出来ます

また、専用アプリHeadphones conectでイコライザーの調整をすることができるので自分好みの音に作り替えることも可能です。

ボーカルの声に注目して聴きたいときや、EDMの重低音を楽しみたい時など、場合に応じて設定を変えることができるので幅広い分野の方にお勧めできるイヤホンです。

使ってみてわかったいろいろなこと

良かった点

想像以上に音が良く、レベルの高い音楽体験ができること

前項でも述べましたが、なんと言っても、とにかく音質が良いです。

解像感が高く、低音域から高音域まで鳴っている音がはっきりしています。

現在出ている完全ワイヤレスの中で音質で選ぶなら個人的にこれ一択。

高音質コーデックのLDACには非対応ですが、これに関しては次作に期待する程度で考えて良さそうです。

ノイズキャンセリングが自然で不快感が無いこと

Image:Sony

AirPods Proは俗にいうノイキャン鳴りが感じられましたが、こちらは今のところそんな感じは無くごく自然な形で雑音を取り除いてくれます。

ただ、風が吹いているとそのせいで上手くノイキャンが働かないことがあるので、今後のアップデートに期待します。

見た目がかっこよく、オシャレの一環として良いアクセントになること

Image:Sony

今回はここも評価したいポイントで、前作のWF-1000Xは個人的にかっこいいとは思えなかったのでしっかりと落ち着いたかっこいいデザインに進化していて嬉しいです。

つけていてオシャレさの感じられるモデルだと思います。

改善を期待する点

接続に時間がかかること

イヤホン本体を取り出してから音楽を再生するまでに要する時間は、他社のワイヤレスイヤホンと比べて遅めだと感じました。

ただこれに関しては初期と比べるとファームウェアアップデートで多少なり改善されたように思われます。

充電ケースにキズが付きやすいこと(これが一番気になりました)

Image:Sony

金属製の蓋の部分は持ち運ぶ際に少しでも擦ると大きく傷になってしまったり、本体側の部分は汚れが付きやすく手入れをしても中々その汚れが落ちません。

なので購入は汚れの目立たないブラックをお勧めします。専用ケースもアマゾンで買えるのでそちらも合わせて購入することをおすすめします。

まとめ

このイヤホンを絶対的に見るととても魅力のある個体だと思います。

しっかりと良い音が鳴り、完成したノイズキャンセリングを搭載している数少ないモデルです。

ただ接続の不安定さやペアリングの速度などにはまだ課題が残っているように感じられました。

これからのアップデートでそれらがどこまで改善改良されるか期待するところではありますね。

普段の生活の中に高音質の音楽と、周りの騒音とシャットアウトした静かな時間を取り入れたい方にはおススメです。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥20,100(2021/10/28 09:17:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
YOFITAR
¥999(2021/10/27 18:39:01時点 Amazon調べ-詳細)
オーディオ
スポンサーリンク

コンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントがもらえます¥100から、¥1単位で好きな金額をチャージ可能!

現在、期間限定で初回チャージ1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中

スポンサーリンク
おこめリウム

コメント

タイトルとURLをコピーしました