現在テーマをcocoonからSWELLへ引っ越し中

エックスサーバーの登録・申込手順を細かく解説! | 初めの10日間は無料でお試し可能

今回はエックスサーバー無料お試し期間を経て、レンタルサーバーの本契約、独自ドメイン取得、WordPress設置に至るまでの操作を詳しく解説します。

このサービスは「WordPressクイックスタート」と排他利用になるので、クイックスタートを使用した設定方法については別の記事をご参照ください。

目次

10日間無料お試しの申し込み

エックスサーバーは新規申し込みの際、初めの10日間は無料で利用ができます。

今回はその手順を経由して契約を行います。

レンタルサーバーお申し込みフォームへ進む

まずはこちらから「お申込ページ」にアクセスします。

新規お申し込みをクリック

このような画面が表示されるので左の「10日間無料お試し 新規お申込み」をクリック。

Image;Xserver

サーバーの契約プランを選択

ここではサーバーIDを設定し、契約プランを選択します。

Image;Xserver

サーバーIDとは「契約情報を管理するためのID」のことで、「初期ドメイン」の一部にも使用されます。

この後のステップで独自ドメインを取得するため、このサーバーIDは適当な文字列で大丈夫です。

エックスサーバーではディスクスペースや処理速度に応じてさまざまな契約プランが用意されています。

プラン月額ディスクスペース
スタンダード(旧X10)990円〜300GB
プレミアム(旧X20)1,980円〜400GB
ビジネス(旧X30)3,960円〜500GB

ここで選択するプランは、一番価格の低い「スタンダード(旧X10)」で基本的に問題ありません。

このプランは後から変更可能なので、ブログが成長してきたら必要に応じて検討してみてください。

Xserverアカウントの登録へ進む

サーバーIDと契約プランが選択できたら「Xserverアカウントの登録」へ進みます。

Image;Xserver

今回の記事では「WordPressクイックスタート」を利用しない方法で進めるため、ここのチェックは空欄でOK。

ユーザー情報を入力

次にXserverアカウントに登録する情報を入力します。

Image;Xserver

登録区分は、ブログ等を個人で運営する場合は「個人」、会社などの法人で契約する場合は「法人」を選択。

続けて、住所電話番号なども入力していきます。

Image;Xserver

必要項目が全て入力できたら「次へ進む」をクリックし、先へ進みます。

メール認証を行う

先ほど入力したメールアドレス宛に6桁の確認コードが送信されるので、「確認コード」欄に入力し、「次へ進む」をクリック。

Image;Xserver

入力内容の確認

ここまでに入力した内容を一通り確認し、特に修正など無ければ「この内容で申込する」をクリック。

Image;Xserver

修正がある場合はブラウザの戻るボタンではなく、「入力画面に戻る」から戻るようにしてください。

また、「SMS・電話認証へ進む」という画面が出てきた場合は、次の画面で電話番号を入力し、認証コードを取得し、それを入力して申し込みを完了させます。

Image;Xserver

完了メールが届く

申し込みが完了すると数分以内に「サーバー設定完了のお知らせ」がメールで届きます。

Image;Xserver

この後10日間の間は、「https://サーバーID.xsrv.jp/」という初期ドメインを無料で使用することができるので、それを使用してWordPressを試運用することができます。

本契約手続き

10日間のお試し期間が終了したら、もしくは初期ドメインとは別の独自ドメインでWordPressブログを始めたい場合、本契約手続きを行うことでその先の校庭へ進むことがでいます。

Xserverアカウントにログイン

Xserverアカウントのログインページにアクセスし、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

Image;Xserver

入力情報がわからない場合は「サーバー設定完了のお知らせ」というメール内の「管理ツールのログイン情報」をチェックしてみてください。

料金支払いをクリック

トップページが表示されたら、ページ上部の「料金支払い」をクリック。

Image;Xserver

契約期間を選択

本契約を行うサーバーにチェックを入れ、契約期間を設定します。

Image;Xserver

エックスサーバーでは契約期間を長く設定すればするほど、月々の支払い料金が安く済みます。

おすすめは12ヶ月

12ヶ月で契約する場合、3ヶ月契約に比べて約1~2割程度料金を抑えられます。

また、ブログ運営の大きな壁である「一年間継続」を達成できたかどうかで、その後の契約を判断できるので、初めて始める場合は12ヶ月の契約がおすすめです。

支払い方法・情報の入力

ここでは希望する支払い方法を選択。

Image;Xserver

その後、支払い情報(カード番号等)を入力します。

Image;Xserver

支払いするをクリック

Image;Xserver

支払いに関する必要事項が入力でき、その内容に不備がないことが確認できたらたら「支払いする」をクリック。

Image;Xserver

以上の手順でレンタルサーバーの申し込みは完了です。

独自ドメインの取得

続いて「独自ドメイン」の取得に移ります。

独自ドメインとは「自分のブログのアドレスを独占的に利用するための仕組み」のことで、メールアドレスの@〜にも使用することが可能です。

エックスサーバーには「独自ドメイン永久無料特典」というサービスがあるので、それを利用して進めていきます。

Xserverアカウントにログイン

まずはXserverアカウントのログインページにアクセスし、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

Image;Xserver

独自ドメイン取得をクリック

トップページ下部のドメイン項目から、「ドメイン取得」をクリック。

Image;Xserver

ドメインを検索

自分が立ち上げたいブログサイトのドメイン名を入力し、重複がないかチェックします。

Image;Xserver

今回はせっかく無料特典が利用できるので、使用料の高い「.com」や「.net」「.jp」などのドメインを取得することをおすすめします。

ここで、既に他の誰かによってそのドメインが取得されていると取得ができないので、他の文字列を使用する必要があります。

申込内容の確認

チェックしたドメイン名が使用可能か表示されます。

Image;Xserver

使用可能であればチェックボックスにチェックを入れ、「お申し込み内容の確認とお支払いへ進む」をクリックします。

料金の支払いを行う

本契約の時と同様の「お支払い画面」が表示されます。

Image;Xserver

希望する支払い方法を選択し、支払いを完了させましょう。

トップページ下部のドメイン項目に支払い結果が反映されているか確認します。

ここに自分のドメイン名が表示されていれば、支払いは正常に行われています。

Image;Xserver

ドメインとサーバーの紐付け

最後にドメインとサーバーの紐付けを行います。

サーバーパネルにログイン

Xserverレンタルサーバートップページのサーバー項目にある「サーバー管理」をクリックし、サーバーパネルにログインします。

Image;Xserver

サーバーパネル ログインページからログインすることも可能ですが、複数のログインページを行き来するのは手間なので、「Xserverアカウント」から「サーバーパネル」にログインする習慣をつけておくと便利です。

ドメイン設定をクリック

サーバーパネル内の「ドメイン」から「ドメイン設定」をクリック。

Image;Xserver

ドメイン設定追加をクリック

続いて「ドメイン設定追加」タブをクリックします。

Image;Xserver

追加するをクリックして設定完了

この画面で取得した独自ドメインを入力し、「確認画面へ進む」をクリック。

Image;Xserver

入力情報に間違いがなければ「追加する」をクリックして設定は完了です。

Image;Xserver

WordPressの設置

この後はWorPressとの連携作業を行います。

WordPress簡単インストールをクリック

先ほどのサーバーパネルからWordPress項目の「WordPress簡単インストール」をクリック。

Image;Xserver

ドメインの選択画面に移るので、今回ブログを開設するドメインを選択します。

Image;Xserver

ブログ情報を入力

Image;Xserver

「WordPressインストール」のタブを選択し、下記情報を入力します。

  • サイトURL
  • ブログ名
  • ユーザ名
  • パスワード
  • メールアドレス
Image;Xserver

キャッシュ自動削除」と「データベース」はデフォルトの選択のままでOKです。

インストールするをクリック

入力が完了したら確認画面へ進み、「インストールする」をクリックし、完了です。

Image;Xserver

ここで表示される完了画面の情報はとても大切な情報なので、厳重に保管しておくようにしてください。

Image;Xserver

まとめ

今回はエックスサーバーの無料お試し期間を経て、レンタルサーバーの本契約、独自ドメイン取得、WordPress設置に至るまでの操作を詳しく解説しました。

この後の工程としては、WordPressの管理画面にて初期設定を済ませ、記事を投稿していく流れとなります。

ブログ開設手順の山場は「レンタルサーバーの契約」と「独自ドメインの取得」なので、ここをクリアしてしまえば、後の作業は比較的軽いものです。

また、サーバーやドメインの手続きで入力した情報は後々使うことになるので、忘れないようにメモに残しておきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる