\Qoo10でお得にお買い物!/ストアを見る

オンライン授業の『ギガ不足』、どう対策すれば良い?実際の通信量をシミュレーション

コロナ禍で広く普及したオンライン授業

現地に行かなくても参加・開催できることが大きなメリットですが、その質は通信環境が大きく左右します

今回は、オンライン授業で引き起こる『ギガ不足』についての対処法をまとめていきます。

ギガ不足の対処法
  • WiFiの検討
  • (周囲の環境の見直し)
目次

オンライン授業で必要な通信量

PC、スマホさえあれば、世界中インターネットやWiFiにつながるところであれば、どこでもビデオ会議を開催、参加できる『Zoom』

おそらく大半の大学で使用されているソフトですが、実際にその通信量がどれほどかご存知でしょうか。

2022年3月にNECが行った検証によると、PC使用時のZoomのデータ使用量は以下の通りに報告されています。

時間経過音声のみのデータ使用量ビデオありのデータ使用量
10分10 MB73 MB
20分20 MB150 MB
40分40 MB300 MB
1時間60 MB430 MB
引用;Zoom会議の際にかかる通信量はどれくらい?ビデオと通話のみの差とは

この結果をもとにに考えると、ビデオあり90分の講義が1日当たり2.5コマある場合…

時間経過データ使用量
1日1.57 GB
1週間(平日5日)7.87 GB
1ヶ月(4.3週間)33.74 GB

オンライン授業は基本的に、教員側のビデオがオンの状態で行われるため、最低でも1ヶ月当たり30GBほど必要な計算になります。

このように、音声のみであれば少量で済みますが、ビデオありでZoomを使用するとなれば、いくらデータ通信量の少ないZoomであっても、最低限WiFi環境が必要となってきます

オンライン授業におすすめのWi-Fi

ここまでで、快適なオンライン授業にWiFiは必要不可欠だということがわかりました。

Jun

でもWiFiっていろんな種類があって、結局どれを選べば良いかわからない…

そこで今回は筆者が1ヶ月間、死力を尽くして調べた結果、これは良いと判断したもののみを目的別に紹介します。


WiMAX+5G

ドコモ home5G

ZEUS WiFi
形態ポケットWiFi据え置き型ポケットWiFi
月額料金~2ヶ月目:2,079円
3ヶ月目~:4,389円
4,950円100GB:10ヶ月 1,980円
40GB:6ヶ月 1,680円
20GB:6ヶ月 980円
通信量制限値なし制限値なし契約プランによる
エリアau 4G/5Gエリアドコモ 4G/5Gエリアソフトバンク au・ドコモ
契約期間3年なし(端末代の分割が36回)2年
キャンペーン端末代無料
23,000円キャッシュバック
端末代実質無料
18,000円分のAmazonギフト券プレゼント
最大10ヶ月大幅値引き
おすすめな人外でも家でもたっぷり使えるWiFiが欲しいWiFiは家だけで使えれば良い安くて沢山使えるWiFiを探している
公式ページauひかりキャンペーン>>ドコモ home 5G>>業界最安値級!>>

簡単にまとめると、

  • ポケットWiFiなら「WiMAX+5G
  • 家に据え置くホームルーターなら「ドコモ home 5G
  • 価格重視なら「クラウドSIM型ポケットWiFi

中でも一番おすすめなのが「WiMAX+5G

【GMOとくとくBB WiMAX +5G】最新モバイルWi-Fiルーターが月額2,079円(税込)〜

WiMAX+5Gは、2022年2月から「3日で15GB」の制限値が撤廃されてすごく使いやすくなりました。

周囲の環境の見直し

WiFiの通信は周囲の物理的な環境によっても変化します。

それぞれについて見ていきましょう。

周波数帯の選択

WiFiには通常2.4GHzと5GHzの二つの周波数帯が存在します。

これらには特徴があり、自分の作業環境・生活環境に応じて接続を切り替えると快適に使えます。

周波数帯速度障害物電波干渉
2.4GHz遅い強い多い
5GHz速い弱い少ない

上の表をもとに考えると、電波が障害物によって遮られやすい遠い部屋では「2.4GHz帯」、ルーターを目視できるような見通しのいい場所では「5GHz帯」を利用するのがセオリーといえます。

親機から遠い場合

親機から作業環境が遠い場合、または奥まった部屋など、四方を壁に囲まれているような場所では、2.4Gヘルツ帯のWiFiでも繋がりにくいことがあります。

こういったケースでは、障害物などで弱まったWiFiの電波をなんらかの方法で増幅してやる必要が出てきます。

そこで役立つのが、「WiFi中継機」や「メッシュWiFiシステム」と呼ばれるネットワーク機器。

  • WiFi中継機:弱くなったWi-Fiの電波を中継して取り次いでくれるネットワーク機器
  • メッシュWiFiシステム:複数台のルーターを用いて広範囲のネットワーク網を構築してくれる機器
速度Wi-Fiの切り替え価格
WiFi中継機低下しやすい一時切断される安い
メッシュWi-Fi低下しにくい切断されない高い

中継機には、オーソドックスな据え置き型のほか、コンパクトで設置しやすいコンセント型もあり、住宅環境に応じて多彩なモデルを選択可能です。

加えて価格も3千円程度から購入できます。

created by Rinker
TP-Link
¥2,990 (2022/07/03 20:49:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バッファロー
¥3,980 (2022/07/03 20:49:12時点 Amazon調べ-詳細)

対してメッシュWiFiは家中のルーターを同一モデルに統一する必要があるため、導入費用は決して安くありません。

価格はモデルによってまちまちですが、最低でも1万円程度は見込んでおいたほうだいいでしょう。

created by Rinker
TP-Link
¥11,800 (2022/07/03 20:49:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Aterm
¥25,850 (2022/07/03 20:49:11時点 Amazon調べ-詳細)

機器自体のトラブル

周波数帯や電波干渉も問題なく、機器が故障している気配もないのにやはりWiFiが遅いというときは、ルーターのシステム面になんらかの障害が起きている可能性を考えます。

そんな場合にまず試したいのが、ルーターのファームウェア更新です。

最新のファームウェアを適用することで、不具合が解消されて、WiFiの繋がりにくさや速度の遅さが改善されることがあります。

ファームウェアの更新方法は機種によって異なりますが、多くの場合、ブラウザからアクセスできる管理画面から適用できます。

まとめ

今回は、オンライン授業で引き起こる『ギガ不足』についての対処法をまとめました。

おすすめのWiFiについては最新応報を更新し続けていくので、ぜひ参考にして見てください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる