メルカリで自分の個人情報が流出していないか確認する方法 | 最短1分あれば確認完了できます

大手フリマアプリ「メルカリ」は5月21日、不正アクセスにより同社のソースコードの一部と一部顧客情報など合計27,889件が流出したことを発表しました。

実態は以下の図のようになっています。

Image:メルカリ

株式会社メルカリは、当社が利用している外部のコードカバレッジツール※「Codecov」に対する第三者からの不正アクセスにより、当社のソースコードの一部および一部顧客情報(フリマアプリ「メルカリ」で2013年8月5日〜2014年1月20日に実行された売上金の顧客口座への振込みに関連した情報17,085件、2015年11月〜2018年1月の間におけるカスタマーサービス対応に関連した情報217件、2013年5月に実施したイベントに関連した情報6件、「メルカリ」および「メルペイ」の一部取引先等に関する情報7,966件、当社子会社を含む一部従業員に関する情報2,615件)が外部流出したことを確認いたしましたので、お知らせいたします。

「Codecov」への第三者からの不正アクセスによる当社への影響および一部顧客情報等の流出について

今回はこれを受けて、自分のアカウント情報が流出の対象となっているかどうか確認する方法をご紹介したいと思います。

自分の情報が流出の対象か確認する手順

1.メルカリのアプリを起動 > マイページ > お問い合わせ > お問い合わせ項目を選ぶ

2.アプリの使い方やその他 > 個人情報に関わるお問い合わせ > 不正アクセス対象か確認したい

3.流出対象確認ページ > ブラウザからログイン > 確認結果

自分のように流出の対象外の場合は上のような画面になります。

万が一流出の対象だった場合は、「お客様の情報が他者から閲覧可能できた可能性がございます」との記載になっており、悪用などが確認された時には事務局から通知が来るようになっています。

メルカリは事態を受け、4月23日に詳細を個人情報保護委員会に報告。

流出した口座情報が確認できる専用ページや、情報が流出したユーザー向けの問い合わせ窓口も設置したようで、今後は外部の専門家と協力し、セキュリティの強化や原因の調査に当たるとしています。

現時点では被害が発生しているわけではなさそうなので、このまま何事もなく収束すると良いですね…

サービス

コンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントがもらえます¥100から、¥1単位で好きな金額をチャージ可能!

現在、期間限定で初回チャージ1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中

スポンサーリンク
おこめリウム

コメント

タイトルとURLをコピーしました