iPadでInstagramを快適に閲覧する方法 | 横向き表示に対応しているブラウザ版Instagram

2021年3月現在、InstagramアプリはiPad版には最適化されておらず、横画面で閲覧できなかったり、表示領域内に黒枠や隙間ができてしまったり、見ずらいと声をあげる人も少なくありません。

そこで今回はiPadでInstagramを快適に閲覧する方法について紹介したいと思います。

iPadユーザーは抑えておきたいInstagramの横画面表示

iPhone版とiPad版のアプリの見え方の違い

Instagramは今や世の中で最もシェアの高いSNSの一つで、若者を中心に圧倒的なシェアを誇っています。

そんなInstagramですが、スマートフォン向けの仕様となっており、現在iPadなどのタブレットでの使用には最適化されておりません。

iPhone版

iPhone版のアプリで見る際はこのように表示されますが、 iPad版のアプリで同じ画面を表示しようとするとこのようになります。

iPad版

右下のマークをタップすると上下の黒枠の隙間を埋められますが、両サイドの隙間は消えず、横向き表示にも対応していません。

iPad版

昨年登場したiPad用MagicKeyboardの影響でiPadを横向きで使用する人が増えた中、いちいちiPadを 外して縦向きに直してから使用するのはどう考えても面倒です。

ブラウザで閲覧する方法

そんな時便利な方法が、アプリではなくブラウザからInstagramにログインする方法です。

横画面表示にも対応しており、画面いっぱいまで表示領域を拡大させることが可能。

新規投稿を作成できない点ではアプリ版よりも劣っていますが、こと閲覧に関しては圧倒的にこちらの方が使い勝手も良く、UIも整っています。

1.ブラウザで「instagram」と検索

2.ページを開く

一番上に出てきたwww.instagram.comを長押しして「新規ウィンドウで開く」を選択

*この時普通にリンクをタップするだけだとアプリの画面に飛んでしまうので、長押しして「新規ウィンドウで開く」を選択してください

3.右上の共有アイコンから「ホーム画面に追加」を選択

右上の共有アイコンから「ホーム画面に追加」を選択

こうすることで今後はホーム画面にWeb版Instagramのアイコンが表示され、そこを経由で開くとブラウザのウィンドウタブが無くなり、すっきりとした見た目になります。

この際、アプリ版とWeb版は全く同じアイコンなので混同しないようにホーム画面の配置で区別しましょう

左がアプリ版, 右がWeb版

まとめ

以上がiPadでInstagramを横向き表示させる方法です。

Web版のInstagramは新規投稿を作成できないため基本的に閲覧中心の使い方になると思いますが、DMやコメントなどの返信は行えるので臨機応変にアプリ版と使い分けるのが賢明かと思われます。

SmartKeyboardやMagicKeyboardを日常的に使用している方にはとてもおすすめの使い方です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました