\Qoo10でお得にお買い物!/ストアを見る

GOOJODOQ GD13 レビュー | 側面でワイヤレス充電できる新作のiPad専用スタイラスペンが最高すぎた

やっっっっと出た!

多くのiPadユーザーが長く待ち望んだであろうワイヤレス充電可能なiPad用のサードパーティ製スタイラスペン

Apple Pencil 2と同じように、iPadの側面に磁石でくっつけて充電が可能です。

純正品は約16,000円なのに対し、このスタイラスペンは3千円台

created by Rinker
GOOJODOQ
¥3,099 (2022/10/03 19:52:26時点 Amazon調べ-詳細)

買うしかない。

目次

GOOJODOQ GD13の開封

今回自分が購入したのはGOOJODOQというメーカーのスタイラスペンGD13th Pencil

Image;AliExpress

内容物は以下の通りです。

内容物一覧
  • ペン本体(チップ付)
  • 交換用チップ×2
  • ユーザーマニュアル
  • ペンケース

ペン本体

ペンの形状・大きさはApple Pencil 2と同じで、重さは約15g

純正品より5g程度軽くなっています。

材質はアルミ合金で、若干光沢のある表面加工。

純正品と比べるとどうしても安っぽさが出てしまいますが、値段相応といったところです。

平面になっている部分にはGOOJODOQのロゴが印字され、上部には電源ボタンが搭載。

気になるペン先についてですが、驚いたことに「純正品と互換性有り」とのこと。

材質こそ違えど、いざという時のスペアとして十分すぎる仕様です。

左;GD13, 右;Apple Pencil 2
Jun

2つのペン先を交換しても問題なく使えました!

交換用チップ

オプションで交換用のチップを一つ追加しましたが、元々一つ付属しているようで、自分の場合は合計3個分が同梱

Apple公式で交換用のチップを買おうとすると意外とお値段するので、かなりお得に入手できました。

ペンケース

ペンケースはおまけ程度。

おそらくほとんどの人はiPadにくっつけて持ち運ぶので、出番は少ないでしょう。

ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアルは英語で書かれていますが、図を多く使っているのでなんとなくでわかる人が大半だと思います。

もとより、そこまで複雑な操作はないので、見なくてもある程度使えます。

GOOJODOQ GD13の製品仕様

Image;GOOJODOQ
モデルGD13 pencil
素材(本体,チップ)アルミニウム合金,ABS
充電入力5V-0.2A(ワイヤレスのみ)
バッテリー駆動時間15~20時間
Bluetooth
筆圧検知
パームリジェクション
傾き検知
価格3,000円前後
created by Rinker
GOOJODOQ
¥3,099 (2022/10/03 19:52:26時点 Amazon調べ-詳細)
Jun

ちなみにKINGONEからもワイヤレス充電対応のモデルが販売されています↓

created by Rinker
KINGONE
¥3,999 (2022/10/03 19:52:26時点 Amazon調べ-詳細)

GOOJODOQ GD13の使い方

接続の手順

STEP
ペン側の操作

GOOJODOQ GD13の電源をON

STEP
iPad側の操作

設定アプリBluetoothON

STEP
ペアリング

GD13 pencil」を選択してペアリング

STEP
完了

GOOJODOQ GD13はiPadと接続さえしてしまえば、後は通常のペンを使う時と同じように使えます。

LEDライトの見方

上部に搭載しているLEDライトは主に充電残量を示すインジケーターとして機能します。

使用時
  • 0~20%;赤色に点灯
  • 20~70%;青色に点灯
  • 70~100%;緑色に点灯
充電時
  • 0~20%;赤色に点滅
  • 20~70%;青色に点滅
  • 70~100%;緑色に点滅

注意

  • Apple PencilとGD13を同時にペアリングしている場合、Apple Pencilが優先されて、GD13は繋がらなくなる
    繋がらない場合は、一度iPadとApple Pencilとの接続を切ってから再度起動
  • チップの先が汚れているとうまく画面が反応しない
  • 対応機種はApplePencil2に対応しているiPadのみ
Image;GOOJODOQ

GOOJODOQ GD13の使用感

くっつけて充電できる喜びが大きい

いや…ようやく手に入れられたこの喜び。

Jun

感慨深いです

2018年に角ばったデザインのiPad Proが登場し、それにあわせて発売が開始した『Apple Pencil 2

16,000円!高い!!!あと無くしやすい!

格安のサードパーティ製で、同じような機構のものが登場しないか、長い人で約4年も待ち望んでいたプロダクトです。

今までのものだと、ペン本体にUSBポートがついていて、そこに直接端子を挿して充電する仕組みでした。

さらには、ペンの正確なバッテリー残量が確かめられず、出先で尽きてしまうことを考えてケーブルを持って歩いた日もあります。

しかし、GD13が登場したことで、その確認も容易になり、不便が解消されました。

GD13の充電速度は1.5%/分と、純正品と比べるとやや遅いですが、電力消費自体少なめなので特に問題なさそうです。

筆圧検知と傾き検知は怪しい

ユーザマニュアルや販売ページには「筆圧検知も傾き検知も対応している」と書かれていますが、いまいち微妙です。

ペンを構える角度や動かすスピードがちょうど良い時、検知しているような挙動を示しますが断続的。

傾き検知に関しては、機能してもグラデーションではなく、0・1のような段階的なものなので、あまり当てにしない方が良そうです。

筆当たりは意外と良い

ペン先のチップは、アクリロニトリル(A)・ブタジエン(B)・スチレン(S) の3種類の成分を組み合わせたASB樹脂を採用。

Apple Pencilが採用しているPOM(ポリアセタール)製のチップに比べ、少し硬い印象ですが、その分滑りは良く、摩擦を小さく抑えることが可能です。

筆圧をあげすぎるとディスプレイに悪影響が出やすいデメリットがありますが、それでも個人的には満足できるレベルでした。

追従性に関して、iPadのプロモーションで試したところ、ほとんど純正品と差異が無い結果に。

これもう純正品買う人いなくなるんじゃ…

もちろん、手をついたまま文字が書ける『パームリジェクション』機能も搭載しています。

まとめ

今回紹介したGOOJODOQ GD13が発売したからには、サードパーティ製のスタイラスペン選びで迷うことはもうありません。

これ一択です。

大事なことなのでもう一度言います。

「これ一択です。」

created by Rinker
GOOJODOQ
¥3,099 (2022/10/03 19:52:26時点 Amazon調べ-詳細)
Image;GOOJODOQ

一点、技適は無いので、購入と使用は自己責任でお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる