MacBook Proが大幅アップデート! AirPods3も出た | Appleイベント2021「パワー全開」を振り返ろう

Appleは日本時間10月19日の深夜2時にApple Event「パワー全開」を開催しました。

今回はイベントから一夜明けて、その振り返りをしたいと思います。

→公式サイトで確認

MacBook Proが大幅進化!AirPods3も出た

MacBook Proの大進化

新SoC「M1 Pro」と「M1 Max」

Image:Apple

今回の目玉としてはやはり新しいSoC「M1 Pro」と「M1 Max」。

昨年登場したApple Silicon「M1」のProユーザー向けアップグレードモデルとなります。

Image:Apple

MacBookの歴史に革命が起きた昨年のM1発表からわずか一年でかなり進化しました。

「M1 Pro」と「M1 Max」共にCPUは8つの高性能コアと2つの高効率コアで最大10コア。

Image:Apple

GPUに関しては最大16コアと32コアで差別化が図られ、Neural EngineはM1同様の16コアの構成です。

Image:Apple

今回の発表会で、Proユーザーにとってようやく本当の意味で「満足して使えるProモデル」が登場したように感じます。

MacBook Proがフルモデルチェンジ

Image:Apple

今回新たに発表されたMacBook Proは従来の13インチ改め14インチモデルと、昨年M1が搭載されなかった16インチモデル。

進化したのはSoCだけではありません。

まず触れておきたいのはインターフェイスとノッチとタッチバー。

USB-C以外の端子が復活

Image:Apple

昨年のMacBookまではしばらくの間インターフェイスがThunderbolt搭載のUSB-Cポートのみでしたが、今回それに加えてMagSafe3とHDMI、SDカードスロットが追加されました(というか復活)。

Image:Apple

MacBookにMacSafeが載ったのは2015年以来で、今まで通りUSB-Cでの充電も可能とのこと。

ノッチがついて表示領域拡大

Image:Apple

ディスプレイサイズは正確には14.2インチと16.2インチで両者とも上部にノッチが付き、角丸のディスプレイとなりました。

ノッチのデザインについては賛否両論ありますが、位置的にメニューバーと重なるだけなので実際の使用感にはそこまで影響無さそうです。

タッチバーの廃止

Image:Apple

昨年モデルまではキーボード上部に搭載していたTouch Barが今回廃止となり、ファンクションキーが代わりに搭載。

操作の自由度は下がるもののキーボードにいちいち目線を落とす必要が無くなるので、個人的に作業効率としては向上が見込めるような気がしてます。

その他の細かい変更点

Image:Apple

上記3つ以外にも細かい点で変更がなされています。

ノートパソコンとしては珍しい最大メモリ64GB、バッテリー持続時間は最大17〜21時間。

Fice Timeカメラは1080p対応で、ディスプレイは120HzのPro Motionテクノロジーを採用したmini LEDのLiquid Retina XDRディスプレイ。

キーボードのキー以外の部分が黒色になり、筐体デザインはどこかクラシックな感じで厚みを感じるようなデザインになりました。

MacBook Proのラインナップ

Image:Apple

14インチモデルは239,800円(税込)、16インチモデルは299,800円(税込)から購入可能。

また、どちらのモデルもSoCをM1 Maxへアップグレードすることが可能で、24コアGPUへは+22,000円、32コアGPUへは14インチは+44,000円、16インチは+54,000円の追加料金がかかります。

予約注文はすでに開始していて、発送開始は10月26日です。

AirPodsの進化

Image:Apple

今までイベントでは発表された事が無く、ホームページ上でしれっと公開されていたAirPods。

今回は初めてイベント内で新モデルが発表されました。

AirPods第3世代

今回登場したAirPodsはスタンダードモデルの第3世代、2019年に発売したAirPods2の後継モデルとなります。

外観はAirPods Proのイヤーピースを取り除いたようなデザイン。

追加された機能としては、主に「空間オーディオ」「アダプティブEQ」「IPX4の耐水性能」「MagSafe対応」の4点。

Image:Apple

チップは従来のH1チップで、バッテリー稼働時間は最大6時間と前作より1時間伸びています。

価格は23,800円と若干高めですがノイズキャンセリングは非搭載。

AirPods Proを持ってる人にとってはかなり消極的な位置付けになると思われます。

Image:Apple

MacBook Proと同様、注文はすでに開始していて、発送開始は10月26日です。

HomePod miniの新カラー展開

Image:Apple

HomePod miniの新カラーも登場しました。

今回追加されたのはイエロー、オレンジ、ブルーの三色。

元々のブラックとホワイトと合わせて5色展開となりました。

価格は変わらず11,880円(税込)のままで11月より発売になります。

まとめ

Image:Apple

今回のイベントは、「パワー全開」という言葉の通りM1チップのポテンシャルを次のステージへ進化させるのが主な内容となりました。

また、イベント中に言及はされませんでしたが、次期macOS「Monterey」のリリース日は10月26日であることも公表されました。

より広がる今後のMacBook Proの使い道に期待が膨らみます。

Apple公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました