Apple Silicon「M1」搭載のMacが登場 | Apple Event “One More Thing” 発表まとめ

本日、11月11日午前3時から行われたAppleの新製品発表会Apple Event”One More Thing”

今年のWWDC2020でアナウンスのあったARM版のSoC、AppleSilicon「M1」を搭載した新製品が3種類登場しました。

Image:Apple

すべて発表と同時に注文が開始となっています。

  • MacBook Air
  • MacBook Pro 13インチ
  • Mac mini

ここでは今回登場したMacBook Airについて、発表された仕様を元に解説していきます。

AppleSilicon搭載のMacBook Air、価格は据え置きでグレードアップ

ARMベースプロセッサApple Silicon「M1」

Image:Apple

Mac製品専用に作られたSoCであるM1のパフォーマンスは高性能WindowsノートPCの2倍、消費電力あたりで見ると3倍にもなり、内蔵GPUに関しても最大8コアで、他の内蔵GPU搭載ノートPCの2倍のパフォーマンスを実現。

Image:Apple

搭載されたCPUは4つの高性能コアと高効率コアの計8コア設計となっており、高水準での速さと効率を維持しています。

Image:Apple

また、その省電力性からバッテリー駆動時間はインターネット接続15時間、ビデオ再生18時間と大幅に飛躍。

自分のようなテキストベースで作業をしている人にとってはもはや至高の域です。

そして何より、M1を搭載している今作のMacはiPhoneやiPadと同じアーキテクチャなので、iOSとiPad OSアプリがMacでもシームレスに動くようになります。

この点が今作の大きな魅力となっています。

MacBook Airのスペックについて

Image:Apple

今回登場したMacBook Air、吊るしモデルの製品スペックは以下の通り。

SoCが「M1」になった事、端子がUSB 4のポートになった事やWi-Fi6に対応した事などが前作からの主な変更点です。

7コアGPUモデル

  • 8コアCPU、7コアGPU、16コアNeural Engineを搭載したApple M1チップ
  • 8GBユニファイドメモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • True Toneを採用したRetinaディスプレイ
  • Magic Keyboard
  • Touch ID
  • 感圧タッチトラックパッド
  • Thunderbolt / USB 4ポート x 2
  • Wi-Fi 6

8コアGPUモデル

  • 8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engineを搭載したApple M1チップ
  • 8GBユニファイドメモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • True Toneを採用したRetinaディスプレイ
  • Magic Keyboard
  • Touch ID
  • 感圧タッチトラックパッド
  • Thunderbolt / USB 4ポート x 2
  • Wi-Fi 6

販売価格については据え置き

Image:Apple

外観にはさほど変化のなかった今回のアップグレードですが、価格は嬉しいことに据え置きで一番安いモデルだと約10万円で購入可能です。

7コアGPUモデルで115,280円(税込)〜、学生・教職員向けストアだと103,180円(税込)〜。

8コアGPUモデルで142,780円(税込)〜、学生・教職員向けストアだと130,680円(税込)〜。

メモリは標準8GBから16GBにすると+20,000円(+18,000円)*。

ストレージは標準256GBからだと512GB / +20,000円(+18,000円)、1TB / +40,000円(+36,000円)、2TB / +80,000円(+72,000円)。
標準512GBからだと1TB / +20,000円(+18,000円)、2TB / +60,000円(+54,000円)

*()内は学生・教職員向けストアの場合

まとめ

Image:Apple

新たなSoCを乗せ大きく進化したMacBook Air。

従来のIntelベースのソフトがM1上でどの程度快適に動作するのかが購入の肝となってくるかと思われます。

Apple公式サイトでの予約はすでに開始していて、発売日は11月17日です。

公式サイト→ https://www.apple.com/jp/macbook-air/

コメント

タイトルとURLをコピーしました