新型MacBook Airがついに10万円を切った | MacBook Air2020が登場

先に個人的な感想を言わせていただくと、

「僕たち学生が待ち望んでいたMacBookがついに出た」

という感じです。ちなみに僕はもうポチりました。

Image:Apple

今回は、かなりおいしいグレードアップの仕方をしているので、ざっくりと見ていきたいと思います。

第10世代Intel Coreプロセッサー搭載

なんと言ってもここの成長が大きい。CPUは第10世代のIntel coreプロセッサーを搭載していて、core i3,core i5,core i7の3つの中から選択できます。

以前のモデルは第八世代でしたのでかなりレベルアップしていますね。

GPUはIntel Iris Plus Graphicsです。

キーボードがシザー式に変更

Image:Apple

キーボードも今回バタフライ式からシザー式のMagic Keyboardに変更になっています。

Image:Apple

昨年登場したMacBook Pro 16inchからシザー式に戻ったので、こちらに関しましてははまぁまぁ予想通りなのかなと。

またタッチバーが廃止になって、キーボードの一番上の列が物理キーとなっています。

この変更点はとてもナイスですね。

価格がとんでもなく安い!

オプション無しの最安値モデルが、本体大幅なスペックアップにも関わらず¥1,5000程安くなっています。

さらに学生のみなさんは学生価格で購入すると、こちらのモデルなんと税別10万円を切る価格設定となっています。

Image:Apple

10万円でこのスペックのMacが手に入るなんてとても嬉しいですね。

その他変更点

残りの細かな変更点ですが、SSDが最大2TBまで可能になったり、Bluetooth5.0に対応したり、スピーカーが良くなったりしているみたいです。

Image:Apple

詳しくはAppleの公式HPで見てみてください。

Mac
Macの世界へようこそ。MacBook Pro、iMac Pro、MacBook Air、iMacなど、Macのラインナップを紹介します。製品の情報も、購入も、サポートも、すべてAppleのウェブサイトでどうぞ。

まとめ

と、まぁざっくりと新作MacBookAirについて見てきましたが、今回は僕たち学生たちにとってとても嬉しいモデルとなっているので、これから新生活始まる学生やその他新しくMacBookの購入をご検討されている方にものすごくオススメです。

僕も手元に届き次第、開封レビューの記事を出したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました