LiDERスキャナー搭載、マジックキーボードも出るらしい | iPad Pro2020が登場

3月18日、Appleの公式サイトで2種類の新製品iPad proとMacBookAirが登場しました。

この記事では新型iPad proについてまとめていきたいと思います。

新型MacBookAirの記事もリンクを貼っておくのでぜひご覧ください。

販売モデルは二種類

Image:Apple

カラーとサイズについては以前と同様、シルバーとスペースグレーの2色展開で、11inchと12.9inchとなっています。

ストレージは128GB、256GB、512GB、1TBの4種類で価格は2018年モデルと大差はなさそうです。

スペックアップしたMagic Keyboard

まずは今回の目玉と言っても過言ではないトラックパッド付きのMagic keyboard。

Image:Apple

従来のものとの違いは大きく二つ。

トラックパッドとフローティングデザイン。

昨年iPadOSがリリースされiPadにもマウスが本格的に使えるようになりました。

その流れもあってかキーボードの下部分にトラックパッドを搭載し、よりPCの操作感に近づけられたモデルとなっているのかもしれません。

Image:Apple

また、従来のキーボードフォリオとは異なり接地しないで宙に浮かせるタイプのフローティングデザインを採用しています。

これは画面の角度を無段階調節できるようにするものなのか詳細は未だ不明ですが、個人的にこのデザイン、アリなのでは!?と思っています。

ヒンジ部分にはtype-cのポートがついており、ここからiPad本体に充電することができる仕様になりそうですね。

二眼カメラ+LiDARスキャナーが搭載

Image:Apple

もともと噂されていた三眼、とまではいきませんでしたが広角と超広角のレンズが付いており、今作2つ目の目玉であるLiDARスキャナーも搭載しています。

LiDARスキャナーとは簡単に言うと、空間の奥行きを認知するセンサーで、ARなどの拡張現実機能に役立つものとなっています。

この機能はクリエイターの皆さんにはとても実用性のある機能として注目を浴びていきそうですね。

プロセッサーはA12Z bionic

プロセッサーはA12Z bionicが搭載とのことです。

てっきりA13が来ると思っていたので少し驚きではありますが「Z」と新しい文字が登場しているので多少期待しておいてもいいのでは、と感じています。

その他変更点

その他機能は概ね2018年のiPad proからの大きな変更は無さそうです。

が、所々グレードアップしていると思うので、それは実機を手にしたときのお楽しみということで…

まとめ

こちらのiPad proは3月25日発売で専用Magic Keyboardは5月に発売予定です。

Image:Apple

おそらく予約注文が殺到して初期には手に入らない可能性が高いですが、自分もできる限りこの製品、追っていきたいと思います。

新型MacBook Airがついに10万円を切った | MacBook Air2020が登場

コメント

タイトルとURLをコピーしました